冬はとくに手荒れをしやすいです

冬はとくに手荒れをしやすいです

冬は一般的にもお肌の乾燥に悩まされるひとたちが増えるシーズンです。とりわけ、人間は手をつかって作業をすることも多いですから、手荒れに悩まされるひともたくさん存在しています。とくに爪のまわりは荒れやすくて、爪が割れてしまったり二枚爪になったりもしますし、ささくれができやすいです。手先、指先にはとくに神経がこまかく通っているために、ほんのちいさなキズができただけでもけっこう痛みがあったりするんですよね。爪のまわりにできるささくれは、ひっかかったりしやすいのでけっこう痛いですしかなり気になります。手荒れをすると、皮膚の肌理もあらくなりますし、がさがさして肌ざわりも悪くなってしまします。よく手には年齢が出やすいとも言われていますから、水仕事をしたあとなどやお風呂上り、寝る前などにもハンドクリームなどでしっかり保湿をしておくことが大切だとおもって、わたしも冬だけではなくてオールシーズンで手荒れのケアを行っています。