減るのは自分のお金なんです

減るのは自分のお金なんです

この前初めて、クレジットカードのキャッシング機能を使ってみました。
飲みに行って終電を逃してしまいまして。
でも明日は早いし、絶対に帰りたかったんです。
財布には千円ちょっと。
近くにコンビニはあるけど、そもそも自分の口座には給料日前でほとんどお金が残ってません。迷ったらお金 借りるがおススメです。

 

それ使っちゃったら給料日まで生きて行けない…
多分酔った勢いも半分あったと思います。
よし、これでお金を出しちゃえ!とポンと1万円キャッシングしました。
しかしまあ、自分の口座の残高がその場で減る訳じゃないので、お金を使った実感が薄いですね。よく知らない場合はキャッシングとカードローンへ行ってみましょう。

 

そして、クレジットカードだからでしょうか。
キャッシングしたという感覚はもっと薄いです。
おかげで気分良く家に帰れたんですけど。
あとになって請求書が来たとき、明細にキャッシングの内訳が載ってて。
日数分の利息がついているのを見たときに、ちょっとギョッとしました。
ああそうか、私借金したんだ、って。
そこで初めて、自分のお金を使った実感が湧いてきました。よくわからない場合はキャッシング 方法はどうでしょうか?

 

恐るべし、キャッシング。
その時のことは、やむを得ず、と自分の中で片付けましたが、やはり出来れば使わない方が良いですね。
肝に銘じて、キャッシングの封印を誓ったのでした。